北海道deログハウス生活

北海道に住みたい!何故か?ログハウスに住みたいから!ログハウス=北海道という短絡的な作者による個人的なページでございます。

ログハウスとは、丸太を使った建築物を指すが、一般的に水平方向に井桁のように組み合わせて建てた建物を指す。ログハウスという言葉は和製英語であり、英語ではLog CabinまたはLog Homeと呼ぶ。 “ログ”とは丸太の意である。

概要

丸太を組み合わせて壁を構成したもののほか、 角材(角ログ)を使用するもの、 丸太は柱や梁にのみ使用して壁には漆喰などを使用するものなどもログハウスとして扱われている。 日本古来の校倉造の正倉院、あるいは長野県の農村で見受けられる伝統的な板倉「せいろう倉」は、断面が三角形や四角形の木材を組み上げて作られており、 これらもログハウスと見なせる。
ログハウスの特徴として、湿度の調整がとても優れており、また木の断熱性の高さから夏は涼しくて冬は温かいということが挙げられる。また、コンクリートなどに比べて感触が良く、木の温もりを感じることができるなどの特徴もある。
17〜18世紀には北アメリカに伝搬し、西部開拓の象徴として広まった。日本には、1970年後期に導入されている。
ログハウスによく使われる樹種としては、ウェスタン・レッドシーダー、ダグラスファー、スプルース、フィンランドパインなどが代表的である。 近年原油価格の高騰に伴う輸送費の増大により、輸送マイレージの短い国産材の利用も拡大している。

ログハウスあれこれ